前のページ
Featured image of post Android12Lのベータ版、第3弾が公開

Android12Lのベータ版、第3弾が公開

Pixel6シリーズにも対応

タブレットやフォルダブル端末などの大画面向けOS「Android 12L」の3番目のベータ版がGoogleから公開されました。

Android 12L Beta 3は、Pixel 3a、Pixel 3a XL、Pixel 4、Pixel 4 XL、Pixel 4a、Pixel 4a (5G)、Pixel 5、Pixel 5a、Pixel 6、Pixel 6 Proで利用可能で、アップデートにはベータプログラムへの登録が必要です。Pixel 6、Pixel 6 Proは前回のBeta2では非対応でしたが、今回のアップデートで新たに追加されています。

Android 12L Beta 3が本日リリースされました。 大画面端末・スマホ向けのベータ3は以下の通りです。

  • Pixel 6および6 Proのサポート
  • テスト環境の更新
  • バグフィックスと最適化

以下は公式のリリースノートから。

12L Beta3について

最新の改善とバグ修正を含むBeta3が利用可能になりました。12Lはまだ活発に開発が行われているため、Androidシステムやアプリが必ずしも期待通りに動作するとは限りません。一般的に、ほとんどのアプリやAPI、機能は期待通りに動作しますが、このページに記載されている既知の問題を確認し、理解してください。

Beta3の入手方法

このリリースは、Pixel 3a、4、4a、5、5aと、Pixe;6シリーズのデバイスにインストールできます。

すでにベータ版または開発者プレビューのビルドを実行している場合は、自動的にベータ3への無線(OTA)アップデートが提供されます。

開発およびテストのニーズに応じて、以下の方法で12Lベータを入手することもできます。

注意事項

  • このリリースは、安定性、バッテリー、パフォーマンスに関するさまざまな問題がある可能性があります。
  • アクセシビリティを必要とするユーザーにとって、このリリースは日常的な使用には適さない可能性があります。
  • このリリースで実行すると、一部のアプリが期待どおりに機能しない可能性があります。これには、Google のアプリとその他のアプリが含まれます。
  • 12L Developer Preview ビルドは Compatibility Test Suite (CTS) の承認を受けていませんが、予備テストに合格しており、開発者向けに安定したプレリリース API のセットを提供します。CTS承認済みビルドに依存するアプリやSafetyNet APIを使用するアプリは、12Lビルドでは正常に動作しない場合があります。

解決された主な問題

12L Beta3では、次のような上位の問題が解決されています。

開発者が報告した問題

  • システムのAt a glanceウィジェットに天気情報が表示されない不具合を修正しました。(問題番号210113641).
  • デバイスの画面をオフにしたときに、スクリーンオフアニメーションが一貫して表示されない問題を修正しました。(問題番号: 210465289)
  • Pin to Topオプションを使用して画面分割モードに移行しようとしたときに、システムランチャーがクラッシュする問題を修正しました。(問題番号209896931、問題番号211298556)

既知の問題

12L Beta3を使用する際、以下の問題が発生する可能性があります。これらの問題はすでに知られているため、同様の問題について追加で報告する必要はありません。

  • Googleアプリ
    • 「設定」アプリが大画面で「一覧詳細」レイアウトで表示されない。この問題を回避するには、設定 > システム > 開発者向けオプション > 機能フラグ で settings_support_large_screen を有効にしてください。
  • Android Studioとツール
    • Android Emulatorをサイズ変更可能なデバイス定義と折りたたみ式以外の表示モードで使用する場合、長押ししてもタスクバーの表示/非表示が切り替わらない。通常、ユーザーは画面サイズに関係なく、12Lタスクバーを長押しすることで表示/非表示を切り替えることができます。

source 

Theme Stack designed by Jimmy