Featured image of post Mozilla Firefoxが批判を受け暗号通貨での寄付の受付を停止

Mozilla Firefoxが批判を受け暗号通貨での寄付の受付を停止

一部のDogecoinの保持も断念

新年早々、Mozillaが暗号通貨の寄付を受け付けていることをツイートして宣伝したところ、Mozilla創業者のJamie Zawinski氏をはじめ多くの人が、このツイートの「dabble in dogecoin」や「HODLing some Bitcoin」というミーム化した表現を残酷に批判して大荒れになったそうです。そのため、Mozillaはこれを見直すことにし、当面の間、暗号通貨の寄付を停止します。

一連のツイートでMozillaは、「分散型ウェブ技術は私たちが探求すべき重要な分野であり続けるが、暗号の寄付を受け入れ始めてから多くの変化があった」と述べています。先週のツイートでは、「暗号通貨の環境への影響についての重要な議論につながった」とし、「耳を傾け、行動を起こしている」と述べています。

Mozillaが暗号通貨の寄付受付を開始したのは2014年と古く、当時はまだあまり知られておらず、環境に悪影響を与えるとの批判もありませんでした。今日では、Mozillaがこの技術をどのように利用していくか再評価すべきとの声もあります。

注目すべきは、Mozillaが寄付された暗号通貨を自社で保有したことがないことです。Mozillaの決済プロセスでは、寄付されたコインを現在のドル建て相当額に自動的に変換し、変動することなく資金に即座にアクセスできるようにしているのです。

Mozillaの創設者であるZawinski氏は、1999年に早くもMozillaを去っていますが、この変化を喜んでいるようです。彼は個人ブログの投稿で、「暗号通貨は、黙示録的な生態系の災害であり、大馬鹿のマルチ商法であるだけでなく、Mozilla がかつて支持していたもう一つの理想であるオープンウェブに対しても、信じられないほど有害なものなのです。だから、彼らが「レビューを行った」後、到達する結論が、「砂漠に埋める」という明白なものであることを望みます。手袋をしろ。」と、関連するXKCDコミックを引用して述べています。

source 

Theme Stack designed by Jimmy