前のページ
Featured image of post OnePlus 10Rの詳細なスペックがリーク、Dimensity8100と150W充電を搭載

OnePlus 10Rの詳細なスペックがリーク、Dimensity8100と150W充電を搭載

2022年第2四半期に登場すると予想されているOnePlus 10R(コードネーム「pickle」)について、数ヶ月前から噂されてきました。OnePlusはまだ10Rについて何も明かしていませんが、その全スペックがインターネット上にリークされ、全く新しいスマートフォンにならないことが示唆されています。

OnePlus 10RはDimensity 8100(以前の噂ではDimensity 9000と主張)を搭載し、Android 12ベースのOxygenOS 12を搭載するようです。8GB/12GB LPDDR5 RAMと128GB/256GB UFS 3.1のバリエーションがあります。

OnePlus 10R

OnePlus 10Rは、HDR10+の6.7インチ120Hz FullHD+ E4 AMOLEDディスプレイを搭載し、中央には16MPセルフィーカメラ用のパンチホールを備えます。背面のカメラは、50MPのSony IMX766センサーを使用し、OISを搭載。8MPの超広角(IMX355)、2MPのマクロカメラも搭載します。

前面と背面はゴリラガラスを採用し、NFC、Hi-Res Audioをサポート。Dolby Atmosに対応しており、ステレオスピーカーを搭載しますが、3.5mmヘッドフォンジャックと着信音スイッチは搭載されないとのことです。

ある情報筋によれば、10Rには、4,500mAhのバッテリーと150Wの充電を備えたバージョンと、5,000mAhのバッテリーと80Wの充電を備えたバージョンの2種類が用意されるとのことです。ここから、OnePlus 10Rが数日前に発表されたRealme GT Neo3のバージョン違いとなる可能性が指摘されています。

また、OnePlus Nord 3も同様のスペックで登場すると噂されています。

source via 

Theme Stack designed by Jimmy