Featured image of post Twidereに公式キーでログインして広告なしでTwitterを閲覧する方法

Twidereに公式キーでログインして広告なしでTwitterを閲覧する方法

目次

この記事では、Twitterクライアント「Twidere」をカスタマイズし、快適にTwitterを利用する方法を解説します。Twidereに公式アプリのConsumer keyを使ってログインすることで、サードパーティーアプリにかけられているツイート取得数の制限を受けずに、広告なしでTLを閲覧できるようになります。

Twidereをインストール

Twidereをインストールします。F-Droid(またはPlayストア)からダウンロードできます。

ログイン

起動するとログイン画面になります。Twitterを選び、右上のメニューからログインオプションを開きます。

今回はTwitter for iPhoneのキーでログインします。認証タイプには xAuth を選択してください。Consumer keyには IQKbtAYlXLripLGPWd0HUA 、Consumer secretには GgDYlkSvaPxGxC4X8liwpUoqKwwr3lCADbz8A7ADU を入力してください。保存をタップして閉じます。

あとはIDとパスワードを入力し、普通にログインするだけです。

設定

Twidereはカスタマイズ可能な設定が多くあるので、変更することをおすすめします。特に、テーマの「カラー」や「タブの位置」、ツイートの「タイムラインを下から読む」あたりをいじると公式アプリっぽい挙動になりますね。

設定を詰めれば、タブレットではTweetDeck風に複数カラムで使うこともできます。

その他の方法

Twitterを広告なしで使う方法は他にもいくつかあります。詳しくはそれぞれの記事を読んでみてください。

TwiFucker

Twitterアプリにパッチを当てて広告を削除する方法です。

MarinDeck

広告の出ない公式Twitterクライアント「TweetDeck」をスマホで使う方法です。

おまけ:MarinDeckから呼び出す

MarinDeckにはツイート投稿画面をほかのアプリに変えられる機能がありますが、これを使ってTwidereから投稿するように設定できます。

アプリ設定を開き、ツイート画面をTwidereに設定します。

Twidere以外の対応アプリはリストにまとめてあります。
https://hisubway.online/articles/mdhelp/#thirdparty

Built with Hugo
テーマ StackJimmy によって設計されています。